ページの本文へ

  1. 空調講習会トップ
  2. 資格取得・準備コースの概要
  3. フルハーネス特別教育(フルハーネス型墜落制止用器具特別教育)

フルハーネス特別教育(フルハーネス型墜落制止用器具特別教育)

墜落制止用器具について正しい知識が身につきます。

正式名称:フルハーネス型墜落制止用器具特別教育
労働安全衛生規則により、『高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に関わる業務』に就く者には、特別教育の修了が必要となります。

6.75mを超える高さの箇所での作業は、フルハーネス型墜落制止用器具の着用が必須となります。

実習作業ではVR機材を使用した作業体験が出来ます。

分野 受講対象 日数 受講料
消費税10%
資格取得準備 作業現場でフルハーネス型墜落制止用器具を使用される方 1日 9,900円

研修風景

研修風景
研修風景
研修風景
VR機器を使った落下体験も準備!

コース時間割、訓練時間 6.5時間(学科5.0時間、実技1.5時間)

第1日目(9:00~17:00)
高所作業に関する知識
  • 作業に用いる設備の種類
  • 作業に用いる設備の点検及び整備の方法
  • 作業の方法
学科
墜落制止用器具に関する知識
  • 墜落制止用器具のフルハーネス及び
    ランヤードの種類及び構造
  • 墜落制止用器具のフルハーネスの装着方法
  • 墜落制止用器具のランヤードの
    取り付け設備等への取り付け方法及び選定方法
学科
墜落制止用器具に関する知識
  • 墜落制止用器具の点検及び整備の方法
  • 墜落制止用器具の関連器具の使用方法
学科
労働災害防止に関する知識
  • 墜落による労働災害防止のための措置
  • 落下物による危険防止のための措置
  • 感電防止のための措置
  • 保護帽の使用方法及び保守点検の方法
  • 事故発生時の措置
  • その他作業に伴う災害防止及びその防止方法
学科
関係法令
  • 安衛法、安衛令及び安衛則中の関係条項
学科
墜落制止用器具等の使用方法
  • フルハーネス型墜落制止用器具等の使用方法
  • ぶら下がり体感実習
実技
修了試験   学科

開催場所・日程

開催場所 大阪 つくば 名古屋
定員 20名 20名 15名
2021年 2月 26    
3月   12  
4月      
5月      
6月      
7月     6
8月      
9月 9    
10月   26  
11月     9
12月      
2022年 1月   28 6
2月 15   21
3月      
お申込みはこちら

空調講習会のご案内をPDFでご覧いただけます。

空調講習会ご案内ダイキンオンライントレーニング

空調講習会のご案内
ダイキンオンライントレーニング

印刷物をご希望の方は、
FAXにてお申込みください。
申し込み用紙はこちら

ページの先頭へ