ページの本文へ

  1. 空調講習会トップ
  2. 資格取得・準備コースの概要
  3. フルハーネス特別教育(フルハーネス型墜落制止用器具特別教育)

フルハーネス特別教育(フルハーネス型墜落制止用器具特別教育)NEW

墜落制止用器具について正しい知識が身につきます。

2019年2月の労働安全衛生法改正により、2m以上の高所作業で装着が義務付けられるようになったフルハーネス型墜落制止用器具。その選定要領・点検要領・装着要領、並びに高所作業時の安全意識の向上と万が一墜落した場合でも軽微な程度の被災に留められるよう、正しい知識を学びます。

今後の高所作業について

  1. 安全に関する特別教育の実施を事業者に義務付け。
  2. 特別教育の未実施事業者への罰則。
  3. 安全帯は墜落制止用器具に名称変更。
  4. 6.75mを越える高所作業ではフルハーネス型を使用。
  5. 6.75m未満の高所作業でも胴ベルト型を使用。
従来の安全帯は2022年1月1日までは使用可能。

研修風景

研修風景
研修風景
研修風景
VR機器を使った落下体験も準備!

コース時間割、訓練時間 6.5時間(学科5.0時間、実技1.5時間)

第1日目(9:00~17:00)
高所作業に関する知識
  • 作業に用いる設備の種類
  • 作業に用いる設備の点検及び整備の方法
  • 作業の方法
学科
墜落制止用器具に関する知識
  • 墜落制止用器具のフルハーネス及び
    ランヤードの種類及び構造
  • 墜落制止用器具のフルハーネスの装着方法
  • 墜落制止用器具のランヤードの
    取り付け設備等への取り付け方法及び選定方法
学科
墜落制止用器具に関する知識
  • 墜落制止用器具の点検及び整備の方法
  • 墜落制止用器具の関連器具の使用方法
学科
労働災害防止に関する知識
  • 墜落による労働災害防止のための措置
  • 落下物による危険防止のための措置
  • 感電防止のための措置
  • 保護帽の使用方法及び保守点検の方法
  • 事故発生時の措置
  • その他作業に伴う災害防止及びその防止方法
学科
関係法令
  • 安衛法、安衛令及び安衛則中の関係条項
学科
墜落制止用器具等の使用方法
  • フルハーネス型墜落制止用器具等の使用方法
  • ぶら下がり体感実習
実技
修了試験   学科

開催場所・日程

開催場所 大阪 つくば 名古屋
定員 20名 20名 15名
2020年 2月      
3月      
4月 6    
5月      
6月     17
7月 6 21  
8月      
9月      
10月 9    
11月 4   24
12月      
2021年 1月 26    
2月 26    
3月   12  
お申込みはこちら

空調講習会のご案内をPDFでご覧いただけます。

空調講習会のご案内(4.15MB)

印刷物をご希望の方は、
FAXにてお申込みください。
申し込み用紙はこちら(207KB)

ページの先頭へ