ページの本文へ

  1. 空調講習会トップ
  2. 人材開発支援助成金制度のご案内

人材開発支援助成金制度のご案内(旧キャリア形成促進助成金)2019年1月1日現在

ダイキン空調講習会の受講には助成金制度が適用されます。

当研修部の実施する『ステップアップ研修』および『資格取得・準備コース』等での2日間以上のコースは、
厚生労働省の人材開発支援助成金制度の特定訓練コース(認定職業訓練)に認定されており、
その受講経費や受講期間中の賃金の一部助成を受けることができます。

人材開発支援助成金制度の対象となる研修コースは助成金で示しています。

人材開発支援助成金とは

労働者の段階的かつ体系的な職業能力開発を促進するため、労働者が職務に関連した専門的な知識や 技能を修得するための職業訓練などにかかる訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。

助成内容(中小企業の場合)

経費助成

特定訓練コース

入学および受講料の45%相当額。但し、生産性要件を満たす場合は60%相当額。但し、下記条件で上限額が定められています。

  • 訓練時間10時間以上100時間未満:1人1コース15万円以下
  • 訓練時間100時間以上200時間未満:1人1コース30万円以下
  • 訓練時間200時間以上:1人1コース50万円以下
一般訓練コース

入学および受講料の30%相当額。但し、生産性要件を満たす場合 は45%相当額。但し、下記条件で上限額が定められています。

  • 訓練時間20時間以上100時間未満:1人1コース7万円以下
  • 訓練時間100時間以上200時間未満:1人1コース15万円以下
  • 訓練時間200時間以上:1人1コース20万円以下
中小企業とは下表のAまたはBに該当する事業主
主たる事業
資本金の額・出資の総額 常時雇用する労働者の数
小売業(飲食店を含む) 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下

賃金助成

特定訓練コース

訓練期間中1人1時間当たり760円、生産性要件を満たす場合は1人1時間当たり960円を助成。尚、1人当たり1,600時間が限度。

一般訓練コース

訓練期間中1人1時間当たり380円、生産性要件を満たす場合は1人1時間当たり480円を助成。尚、1人当たり680時間が限度。

支給限度額

1事業者1年当たり1,000万円以下。
受講コース数は1人1年当たり3コース以下。

建設労働者技能実習コースについて

建設事業主等に対し、雇用する建設労働者(雇用保険被保険者)に技能実習を受講させるための経費や訓練期間中の賃金を助成するものです。特定訓練や一般訓練コースとは助成内容が異なりますので、ご注意ください。

生産性要件とは

助成金支給申請等を行う直近の会計年度の生産性が、その3年前に比べ6%以上伸びていること。金融機関から一定の事業評価を得た場合は1%以上。尚、生産性要件の対象となる期間中に、事業主都合の離職者が居ないことが必要です。

助成金支給申請の流れ

申請条件は人材開発支援助成金制度に規定する条件を満たした事業主であること。

助成金の受給までの流れ図解

人材開発支援助成金制度についての 詳細は、下記にお問い合わせください。

厚生労働省【人材開発支援助成金】
都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧

空調講習会のご案内をPDFでご覧いただけます。

空調講習会のご案内(4.27MB)

印刷物をご希望の方は、資料請求フォームよりお申込みください。
資料請求はこちら

ページの先頭へ