ページの本文へ

  1. 空調講習会トップ
  2. 資格取得・準備コースの概要
  3. 1級冷凍空気調和機器施工技能士(学科)

1級冷凍空気調和機器施工技能士(学科)

認定助成金
受講日数 3日間
認定助成金 このコースは認定職業訓練として認可された
「特定訓練コース」助成金対象です。
受講料 37,950円(税込)
対象受講者 技能検定】1級冷凍空気調和機器施工技能士を受験される方

コース時間割、訓練時間 21.0時間(学科21.0時間)

第1日目
(9:00~17:00)
第2日目
(9:00~17:00)
第3日目
(9:00~17:00)
オリエンテーション 学科 冷媒配管 学科 演習問題 学科
試験概要と冷凍基礎 学科 冷凍装置の保安・演習 学科 施工技能 学科
演習問題 学科 空気調和の基礎・演習 学科 関係法規 学科
冷凍理論の基礎・演習 学科 空調設備、電気工事 学科 模擬試験 学科

冷凍空気調和機器施工技能士の受験について

受験資格 : 指定の学歴又は資格、実務経験年数などの詳細は受験案内でご確認下さい。

受験案内 : 中央職業職業開発協会 https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html

受験申込先 : 各都道府県職業能力開発協会 https://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html

【参考】 受験申込 : 9月下旬 実技試験 : 11月下旬~2月中旬 筆記試験 : 1月下旬~2月中旬

受験概要

資格試験を受験するための準備を行います。

受験資格

1級冷凍空気調和機器施工技能士受験対象者

  職歴 実務年数
検査職種と同一の教育を受けた者 大学(4年)卒
短大(2年)卒
高校(職業課程3年)卒
4年以上
5年以上
6年以上
その他 大学(法文科系等)卒
高校(普通課程)卒
実務経験のみ
7年以上
7年以上
7年以上

技能検定の概要

技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。
技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、
職業能力開発促進法に基づき実施されています。
技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、現在136職種について実施されています。
技能検定の合格者は平成20年度までに400万人を超え、確かな技能の証として各職場において高く評価
されています。

本年度開催場所・日程
(青字の日程は申込可能、グレーの日程は満席です)

来年度開催場所・日程
(青字の日程は申込可能、グレーの日程は満席です)

お申込みはこちら

空調講習会ごあんないや講習日程表をPDFでご覧いただけます

空調講習会ご案内
ごあんない冊子申込書

印刷物をご希望の方は、FAXにてお申込みください。

講習用タブレット
レンタルサービス

e-Learningやンライン研修に使用できるタブレット端末のレンタルサービスです。詳しくはダイキン福祉サービス(株)までお問合せください。

ページの先頭へ