ページの本文へ

  1. 空調講習会トップ
  2. 単科研修コース
  3. 基礎
  4. フロン類漏えい診断(間接法)の基本作業

フロン類漏えい診断(間接法)
の基本作業

研修内容

間接法による漏えい点検と診断方法が修得できます。

  • 正常運転データの判断
  • 冷媒不足時の運転データの変化
  • 各運転データ計測作業

直接法ではありませんので、ガス漏れ検知器等を使わず、
運転データ等から総合的にガス不足の有無を判断します。

研修内容

分野 受講対象 日数 受講料
消費税10%
サービス 保全業務に携わる方
設備管理担当者様漏洩点検実務者の方
空調サービス基礎 実践を修了または同等の知識・技術を有する方
1日 12,100円

コース時間割、訓練時間 7.0時間(学科4.5時間、実技2.5時間)

第1日目(9:00~17:00)
安全教育 学科
漏えい点検概要 学科
冷凍サイクルと冷媒不足 学科
運転実習 実技
冷媒不足の判定 学科
ビル用マルチの特徴 学科
冷媒回収モードの設定 学科

本年度開催場所・日程
(青字の日程は申込可能、グレーの日程は満席です)

来年度開催場所・日程
(青字の日程は申込可能、グレーの日程は満席です)

お申込みはこちら

空調講習会ごあんないや講習日程表をPDFでご覧いただけます

空調講習会ご案内
ごあんない冊子申込書

印刷物をご希望の方は、FAXにてお申込みください。

ページの先頭へ