ページの本文へ

  1. 空調講習会トップ
  2. 資格取得・準備コース
  3. 職長・安全衛生責任者教育

職長・安全衛生責任者教育

研修内容

受講することにより、労働安全衛生法第60条、および厚生労働省通達による「職長・安全衛生責任者教育」
修了の資格が得られます。
備考:建設現場には職長を配置することが法律で義務付けられております。

資格の概要

建設業においては、請負契約関係にある事業者が同一の場所において混在作業を行うことによって生じる労働
災害を防止するために、その現場全体を統括管理する安全衛生管理体制を必要とします。そして、選任された
安全衛生責任者は、現場の第一線監督者として元方事業者との連絡調整の他、職長としての職務だけでなく、
安全衛生責任者としての職務を的確に果たすことが求められています。
このような状況を踏まえ、厚生労働省より『職長・安全衛生責任者教育』が示されており、この教育を修了した
者は、労働安全衛生法第60条に基づく「職長教育」に加え、「安全衛生責任者教育」を修了した者と認められます。

分野 受講対象 日数 受講料(税込)
資格取得 新たに職長の職務に就く人または作業現場の監督者の立場の方 2日 21,060円

コース時間割、訓練時間 14.0時間(学科14.0時間)

第1日目
(9:00~17:30)
第2日目
(9:00~17:00)
オリエンテーション 学科 職長・安全衛生責任者が行う
安全施工リサイクル
学科
職長・安全衛生責任者の役割と職務 学科
作業者に対する指導および教育の方法 学科 関心の保持と創意工夫を引き出す方法 学科
危険性又は有害性の調査と低減措置等 学科 異常時・災害発生時における措置 学科

開催場所・日程

お申込みはこちら

空調講習会のご案内をPDFでご覧いただけます。

空調講習会のごあんない

空調講習会のご案内(5.24MB)

印刷物をご希望の方は、資料請求フォームよりお申込みください。
資料請求はこちら

ページの先頭へ